サイズダウンウォーター

サイズダウンウォーター

クラスター浸透水「サイズダウン」は、特許製法で水の分子集団(クラスター)を小さくサイズダウンさせています。

身体の隅々までしっかりと届きやすく、ダイエットをする人のサポートや、サプリメントや薬を飲む水としてもおすすめです。

また、肌にも浸透しやすいので、スプレーボトルで乾燥したお肌へうるおいを与えるのにも最適です。通常の水と比較してスプレーすると違いは明らかです。サイズダウンについての詳しい動画はこちら。

サイズダウンウォーター
サイズダウンウォーター

アクアポリンってご存じですか?

アクアポリン
アクアポリン

アクアポリンとは

アクアポリンとは、体の細胞膜に存在し水を通過させるという特別な性質をもつタンパク質であり、1992年に発見されました。細菌から哺乳類まで全ての生物に存在し、水と生命の間をつなぐ重要な役割を果たしています。

 

私達の体の細胞は水で満たされていて、水は細胞の外から中へと自由に通過すると考えられていました。しかし、細胞膜にはアクアポリンという水が通るタンパク質の孔があることが解ったのです。

アクアポリンと生命の関係が重要であることは、2003年に発見者のピーター・アグリ博士がノーベル化学賞を受賞したことに端的に示されています。(アクアポリンホームページより抜粋)

 

しかしながら、アクアポリンを通ることのできる水はごく限られており、サイズダウンウォーターは、このアクアポリンを通ることができる水なのです。よって、サイズダウンウォーターを飲むことで、細胞に水分をいきわたらせ、いつまでも元気な細胞を維持することができるのです。

 

アクアポリンの働き

人には13種類のアクアポリンがあり、それぞれにAQP0からAQP13までの番号が付けられています。それらが分布する場所には特徴があり、水だけを通すアクアポリンもあれば、グリセロール(甘みのあるアルコールの1種)を通すアクアポリンもあります。アクアポリンは細胞に水を届ける重要な役割があり、細胞が水不足を起こすと様々な病気の要因にもつながります。ここでは主に4種類のアクアポリンに絞って記載いたします。

 

アクアポリン1   ほぼ全身に存在。13種類の中でもっとも水の透過性脳が高いアクアポリン。

アクアポリン3   皮膚、腎臓、大腸に存在。水透過性は低いのですが、グリセロールを透過するため、

          皮膚の保湿には大変重要なアクアポリン

アクアポリン5   分泌腺に多い。目、唾液腺、消化液腺のある消化管、肺などに存在。

アクアポリン7   脂肪組織、腎臓、精巣などに存在。脂肪分解を助けるアクアポリン。

サイズダウンウォーターのアクアポリン考察

サイズダウンウォーターは、全身に存在するアクアポリン1と脂肪分解を助けるアクアポリン7において、通常の水と比較して透過性がかなり高いことが実験で明らかになっています。

株式会社LeoSizeDesign社より提供