血行とは何をさすのか?

「血行」とは、体に血が巡ることを指します。血行と似た言葉に「血流」がありますが、血行が体全体の血の巡りを指すのに対して、血流は血液が血管を流れることをいいます。血行が滞るとどうなるかというと、酸素や栄養が全身に行き届かない上、老廃物も蓄積されてしまいます。その結果、肩こりやむくみ、冷え、生理不順、自律神経の乱れといった、さまざまな体の不調が引き起こされるのです。

 

血行不良がさらに進行すると、重い疾患に発展してしまうリスクも。そのため、全身の血の巡りが良くなるよう、早めの対策をとることが大切なのです。

血行不良が招くゴースト血管とは?

2010年以降、加齢疾患のほとんどに毛細血管の血流不足がかかわることがわかってきました。血流が途絶えて消えた毛細血管は「ゴースト血管」と呼ばれ、近年注目されている血管です。

 

血管の病気というと、動脈や静脈など、太い血管の病気を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、こうした大きな血管が詰まる前に、流れが途絶えている血管があります。

 

それは、毛細血管です。

 

私たちの体の中には、毛細血管のネットワークが張り巡らされています。その長さをすべて合わせると、およそ10万㎞(地球2周半分)。血管の99%は、毛細血管なのです。

 

体のあらゆる臓器や細胞は、この毛細血管から栄養と酸素を受け取り、老廃物を渡して、機能を全うしています。

 

しかし、毛細血管は、加齢とともに減少します。20代と比べると、60代では30%、70代では40%も減ってしまうのです。

 

毛細血管が減ると、血液が隅々まで行き渡らなくなるため、細胞の老化が進みます。

 

細胞の老化は、以前はシミやシワ、たるみなど、肌に関する老化が注目されていました。ところが、2010年以降、加齢疾患のほとんどに、毛細血管の血流不足がかかわることがわかってきました。

 

高血圧、肝機能障害、喘息などの肺疾患、アトピー性皮膚炎、腎障害、網膜症など、関連症状は多岐にわたります。最近では、骨粗鬆症や認知症にまで毛細血管の減少が関係しているとわかり、そのメカニズムも解明されているのです。

 

つまりゴースト血管は、あらゆる病気の原因にもなっており、ゴースト血管に血流を送る必要があるのです。

血管

血流が悪い人は、毛細血管の中で途中で血液が漏れてしまい、細部までいきわたりません。

ゴースト血管が起こる原因は、血流が悪くなり、毛細血管の隅々まで血流が行き届かないことから起こります。加齢や紫外線、近年増加している活性酸素などの影響で、血管が活性化されず、いずれ毛細血管はなくなります。